« ヤマトヌマエビ | メイン | 90cmの水草水槽(2006年5月) »

2006-04-27

コメント

どこまでもクリアーな「水」ですね。黒のバックに映える水景にあこがれます。それと少々のくやしさと。
低床にアマゾニアを使っていますが、こちらの水景を見て、大磯にしようかと悩んでいるところです、ちょうど連休もありますから。

何回もすいません。少し気になったことですが、ADAのフィルター二系統をお使いですが、どうやって水流の勢いを弱めておられるのか?うつでは60cm規格に2213をサブで2224をメインにリリィパイプを使っているのですが、まだ水流が強く水草がたなびいています。

>matuさん
こんにちは。
いつもご覧いただきありがとうございます。
私が、大磯砂を使っている理由は、
長い間持続可能なため、リセットすることなく水草が育てられるためです。
この大礒砂は、最初にセットした時から15年近くそのまま使い続けています。
立ち上がりの水草の成長はソイルの方が良いようですが、
多少水草を選びますが、
しっかり根を張ってしまえば、大礒砂でもうまく育ちます。
管理は大礒砂の方がしやすいかも知れません。
砂を巻き上げても水を濁らせないので、低床の掃除もしやすいですし、
水草の差し戻しや、植え替えの際も泥を巻き上げる心配がありません。
PHも安定しています。

大礒砂には栄養分が含まれていないので、
エキノドルスなどのロゼット型の水草は、根から栄養を吸収するため、
低床に肥料を少々埋め込んであげるとうまくいきます。

水流についてのご質問ですが、
私が2系統の濾過にしている理由の1つが水流なんです。
ADAのES-1200EX2を1台でも24リットルの容量がありますが、
ポンプのパワーが強すぎて強い水流が出来てしまいます。
ES-600EX2などを2台使用してるのは水流を強くしすぎないためなんです。
また、出水側の1つはADAのリリーパイプですが、
もう一つにはADAのメタルジェットパイプを使っています。
一番上の写真の左上に写っているステンレスパイプがそれです。
この出水パイプは、水流をほとんど発生させないで出水することができます。

ステンレスパイプが、良いんですね。
給水用はADAのすステンレスパイプを使っていますが、どうしてもリリィパイプの輝きにあこがれていて・・・
今度小遣いもらったら!買いに走ります!。

マジ綺麗なHPですね。癒されます。
私も、おっきな水槽でアクアリウムできる環境ととのえて、綺麗な水槽作りたいです。。
60cm水槽でも十分なんだけど、なんか今一つものたりない感があるんだよんね…

では、また覗かせてもらいまぁ~す(=^_^=)

>燕さん。
こんにちは。ブログへも書き込みいただき嬉しいです。(^^)
水槽も90cm以上になると、楽しみの幅がグッっと広がります。
特に水草は、ある程度大型で背が高くなるものも植えられるので、
水槽に迫力が出てきますからねー。
そのうち、ぜひ、大きな水槽にも挑戦してみてください。
ブログの方でも、今後とも宜しくです。(^^)

今度水槽の写真を撮られるのは10日でしたよね。楽しみです。全景と「水」をお願いします。それとできればもう少し大きめの画像で「ためいき」つきたのですが!?

>matuさん
おっしゃるとおり、今度全体写真を撮影するのは10日頃です。
…都合がつかない場合もあるので“頃”とさせてください。(^^;
大きめの画像で…ということですね。ちょっと検討してみます。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

他に利用しているサービス