• Image150921-3blog
  • Image150921-2blog
  • Image150921-1blog
  • Image140106-3blog
  • Image140106-2blog
  • Image140106-1blog
  • Image131102-4blog
  • Image131102-3blog
  • Image131102-2blog
  • Image131102-1blog

« 60cm陰性水草水槽(2011年11月) | メイン | 60cm陰性水草水槽(2012年1月) »

2011-12-16

コメント

新しい60cmも清々しい感じですね(^^)
90cmも新たなるステージへ!
そちらも楽しみですね!
どんな感じになるのか・・・。
早く春来ないかなーw

立上げお疲れさまでした。
新しいってのはワクワクします。
これから長~い付き合いが始まりますね。
どんな物語が待ってるでしょうか^^

miedaサンのレイアウトって右側を重くしてますよね?90もこの60も30も?
σ(゜゜)も右側を重くしたいんですが(ってレイアウトじゃないんですがw)左吸排水と考えるとどうしても右を軽くしないとって思ってしまいます。

しかし、pH低いですよね?

30はストックですか?放出ですか?放出なら・・・(^^;

>ほんだしさん

こんばんは。
新しい90cm水槽はどんな水槽にしましょうね。
レイアウトの構想を考えている時間がまた結構楽しいんですよね。
立ち上げまでにはしばらく時間があるので、いろいろとイメージを広げて、それまでの時間を楽しみます!(^^)

>王虎さん

こんばんは。
ありがとうございます!
新しい水槽…ワクワクしますよね。
立ち上げは久しぶりで、楽しかったです。

もしかするとこのレイアウトは、次に新しい90cm水槽を立ち上げるまでの…数ヶ月だけのレイアウトになってしまうかもしれません。
新しい90cm水槽へ再び水草たちを移植する可能性があるので…。
それでも、それまでの間は丁寧に管理して美しいレイアウトの維持を心がけたいと思っています。(^^)

>吉原さん

こんばんは。
そうですね。右側に壁という…設置場所との兼ね合いです。

陰性水草水槽は、左にボリュームがあるレイアウトです。
その陰性水草水槽も、設置場所を90cmがあった場所へ移したので、今は右が壁になってますが…。
前後から手が入れられるようになりメンテが快適になりました。

pH低いですよね。なんででしょうね。アクアフローラの影響?

30cm水槽使いますか?
使って頂けるなら、照明やフィルターなど全てまとめてお譲りします。

おっとぉ!30、譲って頂けますか?

お言葉に甘えて「いただきます♪!w」

いやぁ、先日“たたむ”とおっしゃっていたようだったんで、後ろ髪をひかれていたんですがね(^^;

では、お願いします。。。

>吉原さん

了解です。
ただ、お送りすることができないので、またこちらまで取りにきて頂くことになります。
仕事の帰り道にでも立ち寄って頂けそうな日はあるでしょうか?
メールでご連絡いただけると助かります。

もちろん、新しい短命な?レイアウトの偵察を兼ねて行かせていただきます(^^)ノ
ただ、今年中は無理かなぁ・・・

こんにちは♪
たたんじゃったですか(^^;

90㎝色々参考にさせて頂きました!!

新しい水槽♪  ワクワクですね!
また勉強に貴ブログにお邪魔します(^^♪

>吉原さん

もう、いつでもお渡しできる状態になっています。時間のご都合が付きましたらお知らせください。お待ちしてます!

>Shinneさん

そうなんです。
90cm水槽はたたんで、水槽や水槽台もすでに廃棄してしまいました。
90cm水槽は私にとっても、愛着があった水槽なので、そのように言っていただけると嬉しいです。
新しい水槽は、私も楽しみです!
しばらく60cm水槽2本のブログになりますが、宜しくお願いします。

あの90水槽にはほんとうに色んなものを頂きました。
その存在すべてが、長年夢見た私の理想であった気がします。
ですので、ものすごーく寂しい!!

人様の水槽にそこまで執着するのも変なのですが^^
セカンドステージが見られるとの事ですので、まぁ諦めるとします^^

>Rioさん

こちらこそ、Rioさんには多くのことを教えて頂いて感謝しています。
90cm水槽をそのように思っていただけていたことを嬉しく思います。
私も、あの90cm水槽にはとても思い入れが深かったですし、最後の最後まで調子が良かっただけに、なくなってしまい残念な気持ちはありますが、今は新たな水槽レイアウトへの挑戦に対する楽しみのほうが大きくなっています。
春に立ち上げ予定の新たな90水槽が見応えのあるレイアウトになるには、それなりの時間の経過が必要かと思いますが、また、気長お付き合いいただければ幸いです。

この記事へのコメントは終了しました。