• Image150921-3blog
  • Image150921-2blog
  • Image150921-1blog
  • Image140106-3blog
  • Image140106-2blog
  • Image140106-1blog
  • Image131102-4blog
  • Image131102-3blog
  • Image131102-2blog
  • Image131102-1blog

« 90cm水草水槽をトリミング | メイン | 生命の輝き »

2010-12-26

コメント

外掛けフィルターにエアポンプ引きこむ技..頂きます^^
スマートでイイですねw

外掛けフィルター式は以前に教えていただいた時から考えているのですが、なかなか予算がつきません(--;

CO2無しは確かに上手くいきますよね!
あまり手入れの出来ない祖母宅の水槽で、まったり楽しんでいます。
といっても僕も育成難種は入れておりませんがw

>王虎2004さん

こんにちは。
外掛けフィルターをつけることに抵抗がないのであれば、外掛けフィルターを利用したエアレーションは快適です。
この水槽では、外掛けフィルターに「マスターパル1」を使ってますが、他の水槽では「フラットフィルターM」を使ってます。薄型でスマートなので。

>レオンさん

こんにちは。
レオンさんもCO2なしの水草水槽を作られてるんですね。
水草水槽の楽しみ方は様々ですもんね。
ライフスタイルにあった水草水槽との付き合い方を探すのもいいですよね。

育成難種と言われてるのは、水質など、環境が水草にあっていないだけなのかなと思っています。生息地では、自然の中で人の手を借りずに普通に育っているんですもんね。
育てる水草に合った環境を用意するのか、それとも、水質や環境に合わせて水草を選択するのか、どちらのスタイルで楽しむか…ということなのかなと思っています。

この記事へのコメントは終了しました。