• Image150921-3blog
  • Image150921-2blog
  • Image150921-1blog
  • Image140106-3blog
  • Image140106-2blog
  • Image140106-1blog
  • Image131102-4blog
  • Image131102-3blog
  • Image131102-2blog
  • Image131102-1blog

« 青龍石クリーニング作戦 | メイン | 日溜まり »

2006-12-28

コメント

おっと、見逃してしまった。「青龍石クリーニング作戦」を。そして「ラスボラの群泳」を・・・あぶなかった。
しかしさすがの濾過容量ですね。初めて白濁した水を見せてもらったのに、あっというまに透明な輝く水に復活とは。黒髭ははやりフィルターの目詰まりや低床の汚れなんですね。ちょっとフィルター開けてみようかなぁ?

>matuさん

最近はあまり頻度高く更新していなかったですからねー。
もう少し、更新頻度を上げたいのですが…(^^;

黒髭は、セットして時間が経つと出やすいですよね。
フィルターに汚れが溜まっていたり、
底床に汚れが蓄積すると発生しやすい気がしています。
濾過容量が大きいと、水の汚れの分解能力も高まりますが、
その分だけ、コケの養分となる硝酸塩も多く発生しますので、
濾過が強力でも、汚れは溜め込み過ぎないのがいいのでしょうね。

明けましておめでとうございます。
いつも綺麗な水景を本当にありがとうございます。目標と言ってはおこられるかもしれませんが、レイアウトもさることながら、miedaさんの「水」をめざして今年も・・・初心者道を猪突猛進していきますので、今年もよろしくお願いいたします。

>matuさん

明けましておめでとうございます。
こちらこそ、いつもコメントくださりありがとうございます。
目標などといっていただけて光栄です。(^^)

年末にいろいろと手を入れてから、とても水の調子がいいです。
気持ちよく、新年を迎えることができました。

matuさんのブログ、いつも楽しみに拝見しています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

この記事へのコメントは終了しました。